「通常肌」と「乾燥肌・敏感肌」は何が違う?


通常のお肌は… 「皮脂膜」と「細胞間脂質」「NMF(天然保湿因子)」という二重の天然バリアがあるため、隙間ナシ。
刺激物質の侵入を防ぐことができ、中の水分が出ていくのを防ぐことができます。



乾燥肌や敏感肌は… 皮脂膜や細胞間脂質がうまく作れず、レンガが崩れているスカスカ状態。
刺激物質が直接肌の中に入ってしまうため、炎症が起きてカユミがおき、水分も保持できずに逃げていってしまうため、カサカサのお肌になってしまいます。


お肌を守るバリアとは?

第1バリアの「皮脂膜」は皮脂(油分)と汗(水分)でできている。 皮脂膜が出来ない原因は
 ・季節的に皮脂や汗が少ない
 ・年齢と共に皮脂量が減少
 ・ゴシゴシ洗顔して必要な皮脂まで取ってしまう
 ・皮脂が多過ぎて油分と水分のバランスが崩れている


第2バリアの「細胞間脂質」はセラミドが主成分。(油分)
「天然保湿因子NMF(Natural Moisturizing Factor)」は、アミノ酸が主成分。(水分)

天然保湿因子「NMF(ナチュラル・モイスチャーライジング・ファクター)」がしっかり水を抱えて、セラミドが繋ぎとめる働きをするので、潤いを保つ事ができる。
ラメラ構造が崩れてしまう原因は
 ・ターンオーバーのサイクルの崩れ


ターンオーバーの乱れが乾燥肌・敏感肌に?

第2バリアで説明した角質を繋ぎとめるセメントのような働きをする
「天然保湿因子NMF(ナチュラル・モイスチャーライジング・ファクター)」と、「セラミド」は、ターンオーバーの過程で作られます。

ターンオーバーの流れ 正常なターンオーバー 28日

基底層(きていそう)
 ↓
…毛細血管から栄養を受け取り、細胞を生み出す。
有棘層(ゆうきょくそう)
 ↓
…細胞同士が棘で結びついている。リンパ液が流れている層。
顆粒層(かりゅうそう)
 ↓
…紫外線をカットする。有蕀層の棘をもとに顆粒(後の細胞間脂質)が作られる。
 タンパク質がアミノ酸に分解され天然保湿因子(NMF)の元になる。
角質層(かくしつそう) …細胞間脂質と天然保湿因子(NMF)が角質細胞を繋ぐことで、しっかりした壁を作り
 外からの刺激が中に入ることを防ぐ。

ターンオーバーが乱れ、皮脂膜、細胞間脂質、天然保湿因子(NMF)が上手く作られないと…
敏感肌・乾燥肌に。


正常なターンオーバーは日常生活から 血行促進も有効です。炭酸のスプレーや
入浴剤を使うのもいいでしょう。

ターンオーバーの乱れは日常生活の改善も必要です。
睡眠不足
喫煙
運動不足・冷え性
便秘がち
ストレスが多い
食生活の乱れ(野菜をあまり食べない・脂っこい物が好き)
顔をあまり洗わない・ゴシゴシ洗っている
寝る前に飲酒・飲食をよくする

振り返って見直してみませんか?


日焼け肌対策

Copyright (c) LA SINCIA WEB. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。