空気は乾燥しているのに……冬の朝の肌がベタつく理由とは

空気は乾燥しているのに……冬の朝の肌がベタつく理由とは

冬は空気が乾燥していて、肌もカサつきがちです。
しかしそんな冬でも、朝起きると肌が皮脂でベタつき、テカっていることがありませんか?
もしかしたらそのベタつきは、肌から発せられるSOSのサインかもしれません。
なぜそのような現象が起きるのか、対策方法とあわせてチェックしてみましょう。

冬の朝、皮脂で肌がベタつく…その理由は

皮脂によるベタつきやテカリは、湿度の高い夏に発生するものというイメージがありますよね。
しかし湿度の低い冬も、皮脂が過剰に分泌されることがあります。
過度の乾燥によって肌の水分量が少なくなると、それ以上水分が蒸発しないように、皮脂膜を作り出そうとします。
冬の朝に肌がベタつく場合は、皮脂が過剰に分泌している状態。寝ている間に肌が乾燥している証拠といえるでしょう。

冬の過剰な皮脂による肌トラブルとは

皮脂は油分ですから、多く分泌されても肌の水分量が上がるわけではありません。
油分が多くて水分が少ない状態が続くと、ベタつくのにカサつく「インナードライ肌」になってしまいます。
また、分泌された皮脂が酸化すると、肌に刺激を与える過酸化脂質という物質に変わります。
その影響で、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルも生じやすくなります。

冬に行うべき皮脂対策ケア

朝も洗顔料を使用する

「冬の肌は乾燥しやすいから、朝は洗顔料を使わずにぬるま湯だけで顔を洗う」という人は意外と多いもの。
しかし、ぬるま湯だけでは過剰に分泌された皮脂を落とせません。皮脂が残ったままだと酸化やメイク崩れの原因になりますから、朝の肌がベタついている場合は、洗顔料を使うようにしましょう。
また、熱いお湯での洗顔も避けましょう。

ソフト泡が汚れを落とす保湿成分配合の枠練り石鹸

ソフト泡が汚れを落とす保湿成分配合の枠練り石鹸

荒れ肌 炎症ニキビ アレルギー肌 粉ふき肌 超乾燥肌の方にぴったり
角質柔軟作用のあるスクワランやセラミドなどの保湿成分により、肌のキメを整え、お肌に潤いのある洗い上がりです。
全身洗浄用ソープとしてお使いいただけます。




洗顔後すぐに保湿する

洗顔後は皮脂膜が洗い流されているため、肌が乾燥しやすくなっています。
放っておくと再び多くの皮脂が分泌されてしまうので、時間を空けずにすばやく保湿しましょう。
化粧水を何度か重ねづけして水分を補い、そのあとに保湿効果の高いゲルクリームでフタをすると効果的です。
ゲルを使用することで、ベタつきを防ぎながらも肌の水分量をしっかり保つことができます。

寝室に加湿器を設置する

朝に顔がベタつく人は、就寝中に肌が乾燥している可能性があります。

特にエアコンなどの暖房器具を点けたまま寝ている人は、要注意。
もし寝室の湿度が60%以下なら、加湿器を使用することをおすすめします。
ただし、加湿しすぎるとダニやカビが繁殖する原因になります。
室内の湿度は60%程度に保ちましょう。

頭皮の健康で女性らしさを保とう

冬の過剰な皮脂分泌は、肌が乾燥しているサインかもしれません。
その乾燥を放置しているとインナードライ肌になり、化粧ノリも悪くなってしまいます。
ベタつきとカサつきの両方を防ぐために、正しい洗顔と十分な保湿を心がけましょう。

Copyright (c) LA SINCIA WEB. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。