ゴワゴワ肌の原因は「角質肥厚」? 柔らかい肌を取り戻すケア方法は

ゴワゴワ肌の原因は「角質肥厚」? 柔らかい肌を取り戻すケア方法は

「肌がゴワついて硬い」「化粧品を使っても肌がうるおわない」などの悩みを抱えていませんか?
そのような肌トラブルの原因は、「角質肥厚」かもしれません。
角質肥厚とはどのような状態なのか、原因や適切なケア方法とあわせてご紹介します。

角質肥厚とは

角質肥厚とはその名の通り、肌表面の角質が厚くなった状態のこと。
角質が厚くなると肌のターンオーバーの周期が乱れるため、バリア機能の低下、ニキビ、シミ、くすみなど、あらゆるトラブルを引き起こす原因になります。
肌がゴワついて化粧ノリが悪くなることも、女性にとって大きなデメリットといえるでしょう。

角質肥厚の原因

角質肥厚の原因は、大きく分けて2つあります。
1つは、外部からの刺激です。紫外線や摩擦といった強い刺激を受けると、そのダメージから肌を守るために角質が厚くなります。
UVケアをしていない人、肌に触れるときに強くこすっている人は、角質肥厚になりやすいのです。
もう1つは体内からの影響です。睡眠不足やストレス、体の冷えなどによって肌のターンオーバーが乱れると、古い角質が残り、ゴワついた肌になってしまいます。
角質肥厚を防ぐためには、外部刺激を減らすことと、肌のターンオーバーを整えることが重要なのです。

角質肥厚のケア方法

古い角質を取り除く

角質肥厚を引き起こすのは、肌の表面に蓄積した古い角質です。
まずはピーリング効果のあるマッサージゲルを使って、古い角質を取り除きましょう。
ただし、このときに肌を強くこすると、摩擦の刺激によって再び角質が厚くなってしまいます。
角質ケアは、使用量を守り、肌を撫でるように優しく行うことがポイントです。

お肌を軽くマッサージするだけ。滑らかで艶のある素肌へ

お肌を軽くマッサージするだけ。滑らかで艶のある素肌へ

古い角質を落とし、肌のざらつき・くすみ・ニキビなどを解消。ぷるぷる素肌が蘇ります。
お肌に優しいゲルのピーリング。 セラミドが潤いを与え、しなやかな肌に整えながら肌のくすみ・ざらつきを取り除き、後に使用する美容液などが浸透しやすい肌に整えます。
洗い流した後はつるつる感が実感でき、保湿成分配合でお肌を突っ張らないようしっかりコート。
ひじやひざ、かかとにもご使用いただけます。




保湿をする

保湿をすると角質が柔らかくなり、肌のターンオーバーが整いやすくなります。
保湿成分がたっぷり含まれている化粧水やクリームを使って、うるおいを逃さないようにしましょう。
特に角質ケア後は乾燥しやすくなりますから、いつも以上に十分な保湿ケアを行うことをおすすめします。

紫外線対策をする

角質肥厚を防ぐためには、紫外線対策が必要不可欠です。
朝のスキンケア後には日焼け止めを塗り、外出時にはUVカット効果のある日傘や帽子などを活用しましょう。
ノンケミカルの日焼け止めを使うと、肌への刺激をより減らすことができます。

頭皮の健康で女性らしさを保とう

以上、角質肥厚のケア方法をご紹介しました。
古い角質を除去したあとは、正しい洗顔や保湿、UVケアを続けることが大切です。
肌への刺激を減らして、柔らかくみずみずしい状態を保ちましょう。

Copyright (c) LA SINCIA WEB. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。