秋冬の肌にも日焼け止めが必要な理由4つ

秋冬の肌にも日焼け止めが必要な理由4つ

日差しが弱くなり、強烈な日焼けの心配が減る秋冬。肌の露出が減ることもあり、日焼け止めの存在が薄くなりがちな季節です。
夏に使用していた日焼け止めがなくなったら春までは日焼け止めを使用しない、なんて方もいるかもしれません。
確かに日差しが弱い秋冬は、日焼けで肌が黒く焼けることが少なくなります。
しかし、秋冬にも降り注ぎ続けている紫外線は、私たちの肌にしっかりとダメージを与えており、日焼け止めを塗ることは、健やかな肌を保つために必要だと言われています。
なぜ秋冬にも日焼け止めが必要なのでしょうか? 秋冬の紫外線が肌にどんな影響を与えているのか、対策方法とあわせて解説します。

日焼け止めで秋冬の紫外線も防ぐべき理由とは

1.UVAを中心に秋冬も注ぎ続ける紫外線

私たちの肌に届く紫外線は、「UVA」と「UVB」の2つに分けられます。
UVAは紫外線全体の約95%の割合を占めていて、肌の内部にダメージを与えます。
UVBは残りの約5%を占め、肌表面にダメージを与えます。
UVAは、浴びてもすぐに肌が黒く反応したりしないため、肌がダメージを受けていることをあまり感じません。
しかし、実際には雲やガラスも通り抜ける性質があるので、曇りの日や室内にいても、UVAによるダメージを肌は受けているのです。
また、紫外線量を比較すると、秋冬のUVBは夏と比較して4分の1の量まで減少しますが、UVAは約半分の量をキープし続けています。
おまけに室内にいても浴び続けているというので、油断はできません。

2.秋冬の紫外線によるダメージは自覚がないのに深刻

肌の内部まで届くUVAは、肌の角質層を通り抜け、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった、肌弾力やハリを保つために重要な役割を果たす物質に、ダメージを与えます。
つまり、UVAを浴びることより、自覚のないうちに肌の老化を早めてしまっているのです。
また、紫外線による肌ダメージは皮膚がんを引き起こすと言われていますが、これは夏の紫外線だけに限らず、秋冬にもダメージが蓄積されていきます。
やわらかな日差しや曇天の日でも、日焼け止めで紫外線を防ぐことが、肌トラブル防止にはとても大切なことだといえます。

3.空気乾燥により紫外線ダメージを受けやすい

秋冬は、気温が下がり空気が乾燥する季節のため、肌は乾燥しがちになります。
肌が乾燥して水分量が不足すると、角質がはがれやすくなり、肌のバリア機能が衰えるため、紫外線の影響を受けやすくなります。
そのため、秋冬は日焼け止めで紫外線を防ぐと同時に、肌を乾燥からしっかりと守り、バリア機能を保つことを心がけるとよいでしょう。

4.日焼け止めで反射による紫外線もカット

冬の積雪によっても日焼けをすることは、よく知られています。
紫外線は雪の反射によってパワーが強くなるので、思いのほか日焼けをして驚くことがあるでしょう。 実は、同様にスマートフォンやタブレット画面の反射による日焼けも起きています。
スマートフォンの画面に反射した紫外線は、約3割以上も光露出が増加すると言われています。
スマートフォンは季節を問わず使用するものなので、使用時間が長い場合は注意が必要ですね。

秋冬に適した日焼け止めで紫外線ダメージから肌を守ろう

秋冬に適した日焼け止めで紫外線ダメージから肌を守ろう

日焼け止めは、SPF・PA値ともに高いものが効果も高いのですが、同時に肌への刺激が大きく乾燥しやすくなる傾向があります。
そのため秋冬の日焼け止めは、日常生活ならSPF15・PA++程度の低めの値のものがおすすめです。
積雪がある時はSPF30・PA+++程度と高めにし、ウィンタースポーツの際はウォータープルーフのものを使いましょう。
保湿しながら秋冬の間もしっかり紫外線をブロックすることが、エイジングケアに繋がり、美肌を保つ秘訣と言えるかもしれません。

肌が弱くても大丈夫!飲む日焼け止め

肌が弱くても大丈夫!飲む日焼け止め


塗るのが苦手だけど紫外線は気になる…そんな方にオススメ!
●活性酸素コントロール
●水溶性、脂溶性W酸化ケア
●糖化ケア
●炎症ケア(日焼けによるダメージ)
紫外線を防ぐだけでなく、美肌効果も。



Copyright (c) LA SINCIA WEB. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。