目元のたるみは老け顔の原因に……今すぐ始めるべきアイケア方法3つ

目元のたるみは老け顔の原因に……今すぐ始めるべきアイケア方法3つ

皆さんは人の顔を見るとき、どこを集中して見ていますか?
多くの人が「目元」と答えるのではないでしょうか。そう、目元は顔の代表的存在ともいえるパーツです。
そのため、目元がたるんでいると、顔全体まで老けた印象を与える可能性があります。
周囲から「ハリのある若々しい顔の人」と思ってもらうために、目元がたるむ原因と対策ケア方法をチェックしてみましょう!

目元のたるみの原因とは

皮膚の衰え

加齢や紫外線などの影響で肌内部のコラーゲンやエラスチンが減少すると、皮膚の弾力が低下し、垂れ下がります。
目元の皮膚は特に薄いため、弾力が衰えやすく、たるみやすいのです。

眼輪筋の衰え

目の周りには眼輪筋という筋肉が張り巡らされています。
この筋肉が加齢や目の疲れなどによって衰えると、皮膚や脂肪が支えきれなくなり、たるみが目立つようになります。

皮膚への刺激・摩擦

目の周りの皮膚をこすったり、ひっぱったりする癖がある人は、目元がたるみやすくなります。
皮膚に強い刺激を与えていると、柔軟性が低下したり、皮膚が伸びたりする影響で、たるみやすくなるのです。

目元のたるみを防ぐアイケア方法

アイクリームを使用する

目の周りが乾燥すると、ハリが低下するうえに紫外線の影響を受けやすくなります。
たるみを防ぐためには、目元の徹底した保湿ケアが必要です。
ただし、目の周りの皮膚は薄く、とてもデリケート。
不要な刺激を与えないために、目元専用のアイクリームで保湿するようにしましょう。

目元ふっくら。たるみ対策

目元ふっくら。たるみ対策


ハリ、ツヤだけでなく潤いも与えて目元の印象アップ
肌のハリ・ツヤを導くアルジレリン(R)と、相性の良い美肌成分とのW効果で肌を引き締め、保湿成分でしっとりとした潤い感に。
さらに、セラミド配合でお肌を乾燥から守る。



目元に強い刺激を与えない

目元への強い刺激は、たるみの原因になります。アイクリームを塗るときも、ゴシゴシとこすりつけるのではなく、力の入りにくい薬指の腹を使って、優しく丁寧になじませるようにしましょう。
また、かゆみなどで目元をこする癖がある人は、目薬などでかゆみを抑えることをおすすめします。

眼輪筋を鍛える

目の周りにある眼輪筋は、簡単なトレーニングで鍛えることができます。
スマホやPCの操作時間が長い人や、普段の表情がとぼしい人ほど眼輪筋が衰えやすいので、意識的にトレーニングを行いましょう。

目をギュッと閉じて5秒、思い切り目を開いて5秒を、2〜3回交互にくり返す
眩しいものを見るときのように目を細めて10秒キープする
※下まぶたを2〜3ミリ引き上げるイメージで行いましょう。

生活習慣や食生活にも注意を

目元のたるみが解消されると、たるみの影が原因でできる黒クマも目立ちにくくなります。
若々しく透明感のある目元を取り戻すために、今すぐできるケアから始めてみてはいかがでしょうか。

Copyright (c) LA SINCIA WEB. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。