季節の変わり目は要注意。秋のゆらぎ肌の原因とケア方法

季節の変わり目は要注意。秋のゆらぎ肌の原因とケア方法

季節の変わり目は肌の状態が安定しにくく、肌荒れなどのトラブルを起こしやすくなります。
このようなゆらぎ肌は、夏から秋に変わる時期にも現れやすく、悩んでいる女性が少なくありません。
健やかな肌を取り戻すためのヒントとして、ゆらぎ肌の症状や対策方法をチェックしてみましょう。

「秋のゆらぎ肌」の原因と症状

夏の環境による肌ダメージ

夏は1年のうちでもっとも紫外線が強く降り注ぐ季節です。
その間、十分に紫外線対策をしていないと肌のターンオーバーが乱れてバリア機能が低下し、秋のゆらぎ肌を招く原因になります。

空気の乾燥によるバリア機能の低下

秋になると湿度が低下し、肌が乾燥しやすくなります。
このような状態で保湿ケアを十分に行えていないと、角質層の水分量が減ってバリア機能が低下し、外部刺激に弱いゆらぎ肌になってしまいます。

花粉によるかゆみや赤み

花粉は春に飛び交うものというイメージがありますが、秋も意外と多くの花粉が飛散しています。
秋に多くなるのは、キク科・イネ科の花粉です。
これらにアレルギー反応を起こすと、かゆみや赤み、湿疹などが現れることがあります。

秋のゆらぎ肌対策方法

保湿効果の高い化粧品にシフトする

秋のゆらぎ肌の主な原因は、肌の乾燥です。
乾燥していると肌のバリア機能が衰えて、花粉の刺激にも負けやすい肌になります。
夏はさっぱり系の化粧品を使っている方が多いかもしれませんが、秋になったらコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸などが配合された高保湿化粧品を使うようにしましょう。

洗顔・クレンジング方法を見直す

保湿効果の高い化粧品を使っていても、洗顔やクレンジング方法が間違っていると、ゆらぎ肌を招く原因になります。
ゴシゴシ洗顔をしていたり、洗浄力の強いアイテムで洗ったりしていると、肌本来の保湿成分まで洗い流されて乾燥し、バリア機能が保てなくなってしまうのです。
洗顔は多くても朝と晩の1日2回まで、洗浄力の穏やかな洗顔料やクレンジング剤を使って、肌をこすらず優しく洗いましょう。

ゲルの力で浮かせて落とす!肌に優しいゲルクレンジング

ゲルの力で浮かせて落とす!肌に優しいゲルクレンジング


W洗顔不要!汚れもメイクもコレ1本
ゲルの力でメイク汚れだけでなく、ソープで落とす汚れも浮かせて落とすのでW洗顔不要。
小鼻のざらつきや黒ずみもこれ1本でスッキリきれいに。
エステサロンで愛され、25年以上継続している実力をお確かめ下さい。



生活習慣や食生活にも注意を

睡眠不足やストレス、偏った食生活などは、肌のターンオーバーを乱れさせるため、ゆらぎ肌を引き起こす原因になります。
何かとストレスの多い季節の変わり目こそ、十分な睡眠、適度な運動、そしてバランスの良い食事を心がけて、体の内側から強くたくましい肌を育てましょう。
食事ではタンパク質、ビタミン、ミネラルを意識的に摂ると効果的です。
これらを豊富に含む魚、肉、卵、大豆製品、乳製品などを、バランス良く食べることをおすすめします。

生活習慣や食生活にも注意を

秋は涼しく過ごしやすいため、ファッションもメイクも思う存分楽しめる季節です。
しかし肌が不安定だと、気分が落ち込んでしまうもの。症状が現れる前からゆらぎ肌対策を意識して、秋でも安定した美しい肌を保てるようにしましょう。

Copyright (c) LA SINCIA WEB. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。