乾燥肌なのに目立つ毛穴……原因と対策方法とは?

乾燥肌なのに目立つ毛穴……原因と対策方法とは?

毛穴のトラブルといえばオイリー肌の人特有の悩みだと思われがちですが、30代以降になると乾燥肌なのに毛穴が気になるという人が増えてきます。
毛穴の目立つ肌は、それだけでマイナスイメージを与えてしまいますので、改善したいものです。
乾燥肌の毛穴の悩みについて、その原因と正しいケア方法を確認してみましょう。

毛穴が目立つ原因とは?

肌の乾燥が「たるみ毛穴」を引き起こす

皮脂には肌を外的刺激から守る役割があるため、乾燥が進み皮脂量が減ると、肌が無防備な状態に。
その結果、紫外線の影響を受けやすくなり、若々しい肌に欠かせない「セラミド」「コラーゲン」「エラスチン」が減り、毛穴がしずくのように細長く落ち込む「たるみ毛穴」が目立つようになります。

皮脂の過剰分泌が毛穴の黒ずみへ

肌の水分不足が続くと、水分の蒸発を防ごうと皮脂が過剰分泌されやすくなります。
過剰に分泌された皮脂は毛穴に詰まることも。そして毛穴に詰まった皮脂が空気に触れて酸化すると、「黒ずみ毛穴」の原因となります。

毛穴ケアの第一歩は洗顔方法の見直しから

肌の内部は水分が不足しているのに皮脂分泌が多い、いわゆるインナードライ肌。
このタイプの方は、毛穴の汚れや肌のテカリを解消するために、丁寧に洗顔している方が多いようです。
毛穴に詰まった汚れは洗顔料を使わないと落とせません。

しかし、洗顔をし過ぎると必要以上に水分や皮脂が奪われ、皮脂を落とせば落とすほど皮膚は皮脂が足りないと思ってより多く分泌してしまいます。
乾燥肌なのに毛穴が気になる「乾燥毛穴」を防ぐために、まず正しい洗顔を心がけるようにしてください。

■正しい洗顔法
・お湯の温度はぬるめの温度(30℃〜34℃程度)にしましょう。
・手でこすらず、しっかりと泡立てた泡でやさしく洗います。
・洗顔料が肌に残らないよう、やさしくしっかりとすすぎます。
・タオルは吸水性のよい柔らかいもので、軽く押し当てるように拭きます。

毛穴の角栓が気になる場合は、ホットタオルで毛穴を開かせてからオイルクレンジングでやさしく洗うとよいでしょう。
シートタイプの毛穴パックは肌に負担がかかるので乾燥毛穴にはあまりおすすめできません。

洗顔後の効果的な保湿で、乾燥毛穴の悩みを解消しよう

質の良い睡眠を摂るためのポイント

乾燥毛穴を改善するためには、角質層の水分量を上げることを意識しましょう。
そのためには洗顔後の保湿が大切です。洗顔後、すぐに化粧水や美容液で肌の奥までしっかりと水分を与えましょう。
しっかり保湿することでお肌が潤い、キメが整えば乾燥毛穴は目立たなくなります。

なかでも、角質細胞脂質の成分の1つでもあるセラミドの入ったものがおすすめです。
セラミドは細胞を繋ぎ、水を挟み込む働きがあるため、外から補っても、角質層まで浸透し、アトピーや敏感肌でも安心して使えます。

また、「ビタミンC」は皮脂分泌を抑えて酸化も防いでくれることから、「黒ずみ毛穴」の予防に有効です。
ビタミンCは、たるみ毛穴対策にも有効です。
効果的に肌の水分量をUPさせ、毛穴の目立たないキメの細かい肌を目指しましょう。

明るさと美肌のW効果!!澄みきったクリアな肌へ

明るさと美肌のW効果!!澄みきったクリアな肌へ

ブライトニング効果を発揮し、みずみずしく弾力のある肌へ
違うタイプの4種のビタミンCで効果を発揮
◆水溶性即効・浸透・持続型ビタミンC誘導体
 即効性に優れたビタミンC
◆油溶性・持続型ビタミンC誘導体
 安定性が高く、効果が長時間持続
◆新型ビタミンC誘導体
 水溶性と油溶性の両方を併せ持ち、浸透性に優れている
◆水溶性即効浸透型ビタミンC誘導体
 角質層でビタミンCに変換され、効果を発揮



Copyright (c) LA SINCIA WEB. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。