乾燥肌なのに顔にテカリが起きる! 夏のテカリ肌を防ぐスキンケア方法

乾燥肌なのに顔にテカリが起きる! 夏のテカリ肌を防ぐスキンケア方法

普段は乾燥肌に悩まされているのに、夏になると急に肌にテカリが生じてしまうという人もいると思います。
乾燥とテカリは真逆のものというイメージがあるため、どのように肌ケアをしていいのかと困ってしまいますよね。

肌がカサカサと乾燥しやすいのに、夏の時期に突然オイリー肌になってしまうのはなぜなのでしょうか?
その原因や、肌を綺麗に保つためのスキンケア方法について紹介します。

乾燥肌なのにテカリが起きてしまう原因は?

暑い夏の時期にテカリ肌になってしまうのは、皮脂の過剰な分泌が原因です。
そもそも皮脂というのは肌を守る天然の保湿クリームのような役割を果たしてくれるもの。

しかし夏の暑さによって汗をかくと、保湿に必要な皮脂が肌から流れ出してしまい、肌の保湿力も弱まってしまうのです。
さらに、夏には強い紫外線が降り注いでいるため、肌の奥には知らず知らずのうちにダメージが蓄積してしまうもの。
肌の奥の細胞がダメージを受けると、肌は内側から乾燥してしまいます。夏の肌はダメージを受けると、さらなる乾燥を防ごうと皮脂をどんどん分泌するため、皮脂のバランスが崩れてしまうのです。
肌のバランスが一度崩れてしまうと、肌の奥は乾燥しているのに皮脂は過剰分泌されて、どんどんテカってしまうという悪循環が起きてしまうのです。

保湿ケアで乾燥肌やテカリを改善しよう

普段乾燥に悩まされているけれど暑い時期にはオイリー肌になってしまうという人は、肌の乾燥対策とオイリー肌対策、どちらを重視すべきなのでしょうか?
肌バランスを整えるためには、皮脂の分泌量を正常な状態に戻す必要があります。
皮脂は肌の奥の乾燥を防ぐために過剰に分泌されてしまっているので、肌の奥の乾燥を改善する保湿ケアをすることがなによりも大切なのです。

もう手放せない!肌の奥からもっちり

もう手放せない!肌の奥からもっちり


潤いだけでなく、栄養もたっぷり。
バームクーヘンのように層がめくれながらリポソーム化された成分を奥まで届ける。
成分が浸透するので長時間保湿。細胞への水分のめぐりをよくするので水分を届けるだけでなく、肌内部の水分貯留性を向上させ、保湿効果を持続出来るしっとりなめらかで、キメ細かい素肌を作ります。



顔のテカリを悪化させるNGスキンケア

肌のテカリに悩まされている人は、洗顔をするときについ肌をゴシゴシとこすってしまいがち。
皮脂の分泌が止まらないため、1日に何度も洗顔したり、あぶらとり紙で頻繁に皮脂を取ったりしている人もいるかもしれません。
しかし、洗顔やあぶらとり紙の使用で皮脂を取りすぎることによって、肌はさらに皮脂を出し、テカリがひどくなってしまうことも。
洗顔をするときには肌をこすってしまうことのないよう、洗顔料を泡立てて優しく洗います。
テカリが気になっても顔を洗うのは1日1〜2回程度にとどめ、あぶらとり紙の使用も極力控えましょう。

乾燥肌には重点的な保湿ケアが効果的

夏に丁寧な保湿ケアをすると肌がベタつくと感じ、化粧水をサッとつけるだけでケアを終わらせてしまう人もいるかもしれません。
しかし、化粧水だけでは肌は十分に潤わず、時間が経つとどんどん余分な皮脂が出てしまうので気をつけたいもの。
テカリ肌を改善するためには、クリームを使って念入りに保湿したり、パックなどのスペシャルケアを施したりするのがおすすめです。

乾燥肌には重点的な保湿ケアが効果的

普段は乾燥肌に悩まされているけれど、夏には皮脂が過剰に分泌されてテカリに悩まされてしまうというケースは多いものです。
肌の皮脂分泌のバランスを整えて乾燥やテカリを防ぐためにも、重点的な保湿ケアを心がけるようにしましょう。

Copyright (c) LA SINCIA WEB. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。