敏感肌の人は要注意! 夏の汗による肌荒れの原因と、スキンケアの方法

敏感肌の人は要注意! 夏の汗による肌荒れの原因と、スキンケアの方法

夏の暑い日には、汗が流れ続けて止まらなくなってしまうことも多いもの。
敏感肌の人は、汗をかいたあとの肌にかゆみや湿疹といったトラブルが起きてしまうこともあるのではないでしょうか? 
今回は、敏感肌の人が汗をかいたときに起きる肌ダメージの原因や、夏場の肌荒れを防ぐための方法について紹介します。

汗をかいたときの肌ダメージ、原因は?

肌というのは普段、弱酸性の状態に保たれています。
これに対して汗はアルカリ性なので、たくさん汗をかくと肌のバランスが崩れ、雑菌が繁殖しやすくなってしまうことに。
汗をかきすぎると汗腺が詰まってしまい、あせもの炎症も起こりやすくなる可能性もあります。
また、汗はしばらくすると肌から蒸発していくのですが、このときに肌の水分も奪われてしまい、乾燥状態に陥りやすくなります。
たとえ汗で肌の表面がベタついていたとしても、肌の奥では水分の蒸発による「インナードライ」と呼ばれる乾燥が起きているのです。
特に敏感肌の人は少しの乾燥でも肌ダメージが起こりやすくなり、かゆみを感じやすくなってしまうため注意が必要です。

汗をかきすぎると肌の炎症が起きることも

敏感肌の人は、汗そのものにアレルギー反応を起こし、肌のかゆみにつながってしまうケースもあります。
汗の中には水分だけでなく、塩分やアンモニウム、体内から排出される老廃物など多くの成分が含まれています。
汗をかいてバリア機能が低下してしまった肌には、汗に含まれる成分や老廃物が刺激になってしまうことがあるのです。
汗をかいたときにかゆみを感じてかきむしってしまうと、かゆみを起こす成分がさらに増えてしまい、ひどい炎症につながってしまうので注意が必要です。

汗による肌ダメージの対策方法

汗をかきすぎて肌にかゆみや熱っぽさを感じたときには、絶対にかきむしらないようにしましょう。
肌をかきむしってしまうと肌表面が傷つき、さらにバリア機能が低下してしまいます。

肌がほてるとかゆみも強くなってしまうため、かゆみがあるときには肌を冷やすケアが有効です。
汗を優しく拭き、衣服のボタンを緩めて扇子などであおいでみましょう。
可能ならばぬるめのシャワーを浴びたり、アイスノンなどを使って肌を冷やしたりすると、かゆみがおさまりやすくなります。

保湿ケアで肌トラブルを回避しよう

汗はこまめに拭き取りたいものですが、メイクをしているときにはメイク崩れが気になって肌を拭くのもためらわれるものですよね。
メイクオフできないときには、タオルハンカチなどを使って汗を吸わせるように押さえながら拭くとよいでしょう。

夏の肌はダメージを受けるとどんどんバリア機能が低下し、さらなる炎症を引き起こしてしまいがちです。
メイクオフと洗顔をしたあとにはしっかりと保湿し、肌を守ってあげるようにしましょう。
特にダメージがひどいと感じる部位は、化粧水やクリームを使って重点的に保湿するのがおすすめですよ。

バリア機能を整え 荒れ肌でも使える成分配合

バリア機能を整え 荒れ肌でも使える成分配合


全身保湿。刺激からお肌を守る
厳選したセラミドを配合。アンバランスな肌のバリア機能を整え、外部刺激から肌を守って肌荒れを防ぎます。
季節に関係なく、日焼け・雪焼けの後のほてりを抑え、しもやけ、ひび、あかぎれも防ぐスキンケアセット。



黒ずみ対策は継続が大事! 正しいスキンケアで小鼻の毛穴をキレイに

暑い夏にはどうしても汗をかき、深刻な肌ダメージが起きてしまうこともあります。
汗をこまめに拭いたり、メイクオフしたあとにきちんと保湿ケアをしたりして、肌をトラブルから守ってあげましょう。

Copyright (c) LA SINCIA WEB. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。