乾燥が原因でシワができる? 今すぐ取り入れたいシワ対策の保湿ケア

乾燥が原因でシワができる? 今すぐ取り入れたいシワ対策の保湿ケア

肌の乾燥はさまざまなトラブルの原因になりますが、その中にシワが挙げられます。
年齢とともに気になってくる目や口周りのシワは、加齢だけが原因でなく肌の乾燥も大きく関わっているのです。
そこで今回は、肌の乾燥によってシワが生じるメカニズムと、ハリのある肌を保つための対処方法をご紹介いたします。

肌の乾燥によってシワが生じるメカニズムとは?

肌が乾燥すると、角質細胞が増えて肌の表面が硬くなります。肌の表面が硬いということは、角質層のキメが乱れているということです。
キメの乱れたた肌は、シワができやすくなります。
とくにシワができやすいのは、目や口の周りなど肌の薄い部分です。
肌の乾燥によるシワは細かくて浅いですが、この小さなシワの段階でケアをしておかないと、小ジワ同士がつながって深いシワになってしまう可能性があるので注意が必要です。

乾燥によるシワの対処方法

保湿ケアで、乾燥シワ対策!

乾燥が原因でできたシワは、丁寧な保湿ケアをすることで目立ちにくくすることができます。
保湿ケアをするときには、肌をしっかりと保湿してくれる化粧水やクリームを選びましょう。
とくに、ヒアルロン酸やセラミド、アミノ酸などが入っているタイプを選ぶと効果的です。

ヒアルロン酸は真皮に含まれている成分で、水分を保持する働きがあるため、肌のうるおいアップに期待ができます。

また、セラミドは角質に浸透して水分を保持してくれます。アミノ酸は、保湿作用があるだけでなく、肌の回復に必要なコラーゲンの合成にも必要な成分なので、乾燥肌対策に最適です。
これらの成分が配合された化粧品を使用して保湿ケアを行うことで、肌の乾燥とシワを防ぐことができます。

乾燥肌の保湿には、洗顔も大切!

肌の表面の汚れや角質が残っていると、保湿ケアをしてもうるおい成分は肌に馴染みにくくなります。
保湿ケアを行う前に、正しい洗顔で肌表面の不要なものを落としましょう。

クレンジングや洗顔の際は、肌をこすらないようにすることが大切です。
すすぎは、36℃程度のぬるま湯で行いましょう。しっかり汚れが落ちるように、長く洗顔をする方がいらっしゃるかもしれませんが、必要以上に時間をかけた洗顔は、肌に必要なうるおいまでをも奪ってしまいます。
乾燥が気になるときには、丁寧に素早く洗うことが大切です。

W洗顔不要で肌の負担減

W洗顔不要で肌の負担減


うるおいを与えながら汚れをおとす
ゲルの力でメイク汚れだけでなく、ソープで落とす汚れも浮かせて落とすのでW洗顔不要。
小鼻のざらつきや黒ずみもこれ1本でスッキリきれいに。
エステサロンで愛され、25年以上継続している実力をお確かめ下さい。



黒ずみ対策は継続が大事! 正しいスキンケアで小鼻の毛穴をキレイに

シワができてしまうと、メイクを頑張っても老けた印象に見られてしまいますよね。
シワのある肌は乾燥して肌のキメが乱れている状態なので、メイクのノリも悪くなります。
そうなるとどうしてもメイクが厚塗りになりがちで、さらに老けて見えるという悪循環を引き起こしてしまいます。

シワが浅いうちに乾燥肌対策を行って、深いシワになるのを防ぐことが大切です。
今回ご紹介した対策方法を参考に、丁寧で肌にやさしいスキンケアを心がけましょう。

Copyright (c) LA SINCIA WEB. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。