敏感肌にもやさしい日焼け止めの選び方&塗り方

敏感肌にもやさしい日焼け止めの選び方&塗り方

外部刺激に弱い敏感肌だと、日焼け止めの成分や塗るときの摩擦が肌への負担になってしまうことがあります。

しかし、デリケートな敏感肌だからこそ、紫外線対策はきちんとしておきたいもの。
紫外線ダメージを蓄積しないために、敏感肌に合った日焼け止めの選び方と塗り方をチェックしておきましょう。

紫外線が敏感肌に与える影響とは?

・普通肌よりシミやシワができやすい

敏感肌は健康的な肌に比べてバリア機能が低下しているため、紫外線のダメージを受けやすくなっています。
そのため、普通肌より敏感肌のほうが、紫外線が原因のシミやシワができやすいのです。

・敏感肌を悪化させる

紫外線には肌の炎症を引き起こし、バリア機能を低下させる作用があります。
つまりもともとバリア機能が低い敏感肌が紫外線を浴びると、さらに肌トラブルが出やすくなってしまいます。

敏感肌に適した日焼け止めの選び方

以上のような紫外線ダメージを受けないようにするためには、やはり日焼け止めを塗っておくことが大切です。
しかし、刺激の強い日焼け止めでは、かえって肌に負担をかけてしまうことも……。
日焼け止めを使うときは、以下のようなものを選ぶようにしましょう。

・敏感肌用、子ども用を選ぶ

敏感肌用や子ども用の日焼け止めは、刺激性の低い処方で作られています。
どれを買おうか迷ったときは、この表示がされている日焼け止めを選んでみましょう。

・紫外線吸収剤不使用のものを選ぶ

日焼け止めの成分には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。
紫外線吸収剤のほうがUVカット効果は高いのですが、肌への負担も大きいので、できるだけ使われていない日焼け止めを選びましょう。

・石けんで落とせるものを選ぶ

敏感肌には、クレンジングが負担になってしまうこともあります。
クレンジングをしたくない方やクレンジングで肌が荒れたことがある方は、石けんで落とせるタイプの日焼け止めを選びましょう。
日焼け止めの成分が肌に残っているとトラブルの原因にもなりますので、しっかり落としましょう。

・高保湿タイプを選ぶ

肌が乾燥していると紫外線ダメージを受けやすくなり、敏感肌も悪化しやすくなります。
できるだけ保湿効果の高い日焼け止めを選ぶことが大切です。

敏感肌に負担をかけない日焼け止めの塗り方

・使用前にパッチテストをする

いくら優れた日焼け止めでも、肌に合っていなかったら意味がありません。
パッチテストを行い、問題がないことを確認してから使用しましょう。

・事前にしっかり保湿ケアをする

肌の乾燥を防ぐためには、日焼け止めを塗る前にもしっかりと保湿ケアをする必要があります。
化粧水や美容液、クリームなどを使って、うるおった肌に整えましょう。

・肌をこすらずやさしく塗る

日焼け止めを乱暴に塗ると、肌表面に傷がついて敏感肌が悪化してしまいます。
ムラなく塗ることは大切ですが、少しずつ丁寧に、やさしいタッチで塗るようにしましょう。
なお、頬や鼻など、紫外線を浴びやすい部分には重ね塗りをおすすめします。

肌をこすらずやさしく塗る

以上、敏感肌さん向けの日焼け止めの種類や塗り方をご紹介しました。
敏感肌だからこそ日焼け止めを正しく適切に使って、紫外線に負けない肌を作っていきましょう。

デリケートな肌やお子様にも安心な日焼け止め

デリケートな肌やお子様にも安心な日焼け止め

希望小売価格 1本2,592 (税込) 2本4,968 (税込)

ノンケミカル、ノンパラベンでお肌に負担をかけにくい
紫外線を散乱させ遮断する紫外線散乱剤を使用した「ノンケミカル」の日焼け止めゲルクリーム。
お肌に優しい処方で、紫外線をしっかりカット。
肌色タイプで白浮きしにくいので、化粧下地としても年中使える。
サラッとしてベタつかないから快適!


Copyright (c) LA SINCIA WEB. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。