• トップ
  • お役立ち美容情報|美Plan

美容液の役割とは? スキンケアに取り入れる正しい順番

美容液の役割とは? スキンケアに取り入れる正しい順番ア

「化粧水だけでは物足りないような気がするから、なんとなく美容液を使っている」
「美容液の正しい使い方を知らないけれど、自己流で取り入れている」
このように、美容液をなんとなく使用しているという方は少なくないでしょう。

乾燥が原因でシワができる? 今すぐ取り入れたいシワ対策の保湿ケア

乾燥が原因でシワができる? 今すぐ取り入れたいシワ対策の保湿ケア

肌の乾燥はさまざまなトラブルの原因になりますが、その中にシワが挙げられます。
年齢とともに気になってくる目や口周りのシワは、加齢だけが原因でなく肌の乾燥も大きく関わっているのです。
そこで今回は、肌の乾燥によってシワが生じるメカニズムと、ハリのある肌を保つための対処方法をご紹介いたします。

夏のくすみ肌……その特徴とケア方法をチェック!

夏のくすみ肌……その特徴とケア方法をチェック!

「夏になってから急に肌が暗くトーンダウンした気がする」
「せっかく夏の新作コスメを使ってメイクをしているのに、顔色がパッとしない……」
このように、夏の肌トーンにお悩みの方は多いでしょう。
夏になって急に顔色がトーンダウンしたという場合、その原因は“くすみ”にあるかもしれません。

小鼻にポツポツした“毛穴の黒ずみ”が! その原因&スキンケア方法とは

小鼻にポツポツした“毛穴の黒ずみ”が! その原因&スキンケア方法とは

メイクで隠しきれないほどの小鼻の毛穴の黒ずみ。
鏡を見るたび憂鬱な気持ちになりますよね。
小鼻の毛穴の黒ずみの原因は1つではなく、さまざまなことが原因となって発生します。
スキンケアを頑張っても、なかなか小鼻の毛穴の黒ずみが改善しない……という方のために、小鼻の毛穴の黒ずみの原因と、正しい対策方法をご紹介します。

雨の日も気を抜かないで! 梅雨の時期にやっておきたい紫外線対策術

雨の日も気を抜かないで! 梅雨の時期にやっておきたい紫外線対策術

“紫外線”というと、ギラギラ照りつける太陽や晴れた空を想像する人が多いと思います。
しかし、実は雨や曇りの日でも紫外線が降り注いでいるというのをご存知でしょうか?

また、梅雨の時期は紫外線量がグンと増加するため、思わぬ日焼けに悩まされることも。

表面はテカるのに内側はカサカサ? 梅雨の“インナードライ肌”対策法

表面はテカるのに内側はカサカサ? 梅雨の“インナードライ肌”対策法

湿度が高く、ジメジメした梅雨。一見、肌にとって良さそうな環境に思えますが、実は“インナードライ肌”に悩まされやすい時期です。
インナードライ肌とは、肌の表面はテカっているのに、内側が乾燥している状態の肌のことを指します。
なぜ梅雨の時期にインナードライ肌になりやすいのか、その理由や対策法を知っておきましょう。

紫外線がシミの元、メラニンを作る仕組み

紫外線がシミの元、メラニンを作る仕組み

人の体の細胞内にあるDNAは、紫外線に弱いという特徴を持っています。
メラニンの主な働きは、黒色の色素を作ることで紫外線を吸収し、細胞を守ること。
だからこそメラニンを作る色素細胞メラノサイトは、顏などの太陽の光をよく浴びる部位に多く存在しています。

アフターケアで紫外線ダメージを軽減! うっかり日焼けの対処法

アフターケアで紫外線ダメージを軽減! うっかり日焼けの対処法

紫外線対策を十分にしたつもりでも、海や山にお出かけをしてレジャーを楽しんでいると、うっかりと日焼けをしてしまうことってありますよね。
そんなときはそのまま放置せず、なるべく早く十分なアフターケアを行うことが大切です。

紫外線ダメージを軽減するために、自宅でできる日焼けのアフターケア方法を確かめておきましょう。

敏感肌にもやさしい日焼け止めの選び方&塗り方

敏感肌にもやさしい日焼け止めの選び方&塗り方

外部刺激に弱い敏感肌だと、日焼け止めの成分や塗るときの摩擦が肌への負担になってしまうことがあります。

しかし、デリケートな敏感肌だからこそ、紫外線対策はきちんとしておきたいもの。
紫外線ダメージを蓄積しないために、敏感肌に合った日焼け止めの選び方と塗り方をチェックしておきましょう。

食事を見直せば乾燥肌が改善する!? しっとり肌を作る食事のポイント

食事を見直せば乾燥肌が改善する!? しっとり肌を作る食事のポイント

乾燥肌を改善するためには、日々の食事を見直すことも大切だってご存じでしたか?
私たちの肌は、毎日の食事から作られているため、栄養バランスが悪いと肌質にも影響を与えてしまうのです。
では乾燥肌を招くNGな食事例と、乾燥知らずのお肌を作る食事のポイントを見ていきましょう。

乾燥肌なのにニキビができる!? その意外なメカニズムと対策方法

乾燥肌なのにニキビができる!? その意外なメカニズムと対策方法

ニキビといえば、皮脂量の多いオイリー肌に多くできるイメージがありますよね。
しかし実は、乾燥肌もニキビができやすいといわれています。
乾燥肌にニキビができるメカニズムを、対策方法とあわせてチェックしてみましょう。


間違ったクレンジングは乾燥肌の原因に! 潤いを保つ正しい方法とは

間違ったクレンジングは乾燥肌の原因に! 潤いを保つ正しい方法とは

メイクをする女性にとってクレンジングは、洗顔と同じように毎日欠かせないもの。
しかしそのクレンジングのやり方が間違っていると、肌の乾燥を招くことがあります。
乾燥肌を招くNGクレンジング方法と、正しいクレンジング方法を詳しくチェックしてみましょう。

乾燥肌を改善するために……考えられる原因を理解しておこう

乾燥肌を改善するために……考えられる原因を理解しておこう

乾燥肌に悩む女性は多いですが、保湿ケアをおこなっていても症状が改善されないという場合、根本的な原因に目を向けることが大切です。
とはいえ、人それぞれ乾燥肌の根本的原因は異なります。
普段の生活習慣や行動を思い返して、乾燥肌の原因を見つけてみましょう。

肌の大敵! 乾燥がひどいオフィスから肌を守るための対策方法

肌の大敵! 乾燥がひどいオフィスから肌を守るための対策方法

「家できちんと保湿ケアをしているのに午後には肌が乾燥してしまう」
「夕方になると肌が粉をふいて、メイクがボロボロに……」

このように、乾燥肌に関する悩みを持っている女性は多いでしょう。

その乾燥肌、洗顔が原因になっているかも!? 正しい洗顔方法をチェック

その乾燥肌、洗顔が原因になっているかも!? 正しい洗顔方法をチェック

空気の乾燥や保湿不足など肌を乾燥させる原因はさまざまですが、その中の1つに間違った洗顔が挙げられます。
肌をゴシゴシと強くこすったり、1日に何度も顔を洗ったりしているとカサカサの乾燥肌ができあがってしまうのです。 うるおいの溢れる健やか肌をキープするためにも、間違った洗顔方法を見直して正しい洗顔を心がけましょう。 今回は、間違った洗顔と乾燥肌の関係と、正しい洗顔方法についてご紹介いたします。

Copyright (c) LA SINCIA WEB. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。